2008年03月17日

虹色のトレース

本屋で文庫になっているのを見かけました。

記憶に間違いがなければ、これが、私が生まれて初めて読んだフィギュアスケート漫画です。
確か、親戚のお姉さんか誰かから貰ったヤツで全巻そろってて、小学校低学年位の頃だから・・・この漫画が連載してたのって・・・伊藤みどりさんが活躍するより前っ!?

虹色のトレース1 虹色のトレース 1
田中 雅子

出版社:ソノラマコミック文庫
価 格 :630円(税込)


ところで、人の記憶というものは美化されるものなんでしょうか・・・。
表紙を見て「こんな絵だったっけー?」と思いました。
なんか、もっときれいな絵だった気がします。
主人公はもっと童顔できゃしゃだった気がします。

虹色のトレース2 虹色のトレース3
田中 雅子

出版社:ソノラマコミック文庫
価 格 :630円(税込)


虹色のトレース3 虹色のトレース3
田中 雅子

出版社:ソノラマコミック文庫
価 格 :735円(税込)


普通の漫画で7冊もあったはずなんだが・・・なんで文庫3冊にまとまるんだろう・・・w
posted by ひとみ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 浅田真央
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【レビュー】ジャンプを夢見る少女のフィギュアスケート・ロマン『虹色のトレース』第1巻(ソノラマコミック文庫版)
Excerpt: ★このレビューには若干のネタバレが含まれています。あらかじめご容赦ください。 先日行なわれた世界選手権で、日本勢が男女のシングルで揃って金メダルという快挙を成し遂げましたが、 今、..
Weblog: まんが全席
Tracked: 2010-04-02 21:44
(´・ω・`) 島根県の竹島英語サイトが出て来るようにするキャンペーン
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。