2009年10月01日

Amazonリンク

たまに、新品品切れがあるのでご注意!

ゴーストハント(10)
講談社/いなだ 詩穂/小野 不由美

大奥 第4巻
大奥 第5巻
ジェッツコミックス/よしなが ふみ

ワン・モア・ジャンプ 2〔文庫〕
ワン・モア・ジャンプ 3〔文庫〕
ワン・モア・ジャンプ 4〔文庫〕
ワン・モア・ジャンプ 5〔文庫〕
赤石 路代

レディリン! (1)
Feelコミックス ロマ×プリコレクション/英 洋子

レディリン! (2)
Feelコミックス ロマ×プリコレクション/英 洋子

アイスフォレスト 4
小学館/さいとう ちほ


明日発売!

お釈迦様もみてるウェットorドライ
コバルト文庫/今野 緒雪
posted by ひとみ at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2009年06月21日

Amazonリンク集

久々に工作員としてのお仕事です。

 ・ワンモア・ジャンプ 1 (小学館文庫)
 ・キス&ネバークライ 5 (講談社)
 ・コルセットに翼 3 (プリンセスコミックス)
 ・コルセットに翼 4 (プリンセスコミックス)
 ・プライド 9 (クイーンズコミックス)
 ・プライド 10 (クイーンズコミックス)

ワンモアジャンプは・・・通常コミックス⇒愛蔵版⇒文庫と・・・何種類買わすのかと。
まあ、コンパクトになるので、文庫化はありがたいですがw
posted by ひとみ at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2009年05月31日

大原敬子サンの本

母が欲しいという本。

 ・すべての悩みを力に変える本
 ・なぜかいいことが起こる70の習慣
 ・だいじょうぶ!―こころが軽くなる子育てのヒント
 ・言葉のクセで人生が変わる―幸せをつかむ「聞き方」「話し方」
 ・女性が元気になる「守護樹」占い 春夏秋冬

全て、著者は「大原敬子」っていう人らしい。
・・・なんか半分宗教入ってるような題名のもあるなぁ・・・って心配になってきたので、著者はどんな人なんJARO?
ってことで調べてみた。
曾祖母・大原とめの提唱する「子どもは天才だ」「遊びは知恵の宝庫」「自然は素敵な教師」の理念を継承し、大原塾を主宰。ニッポン放送の番組「人生相談」の回答者を務め、相談者への温かく的確なアドバイスが幅広い層の支持を集めている。
信越放送「言葉のしおり」も放送中。著書多数。
日本外国人記者クラブ賛助会員、日本エチオピア協会評議員、徳島クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
ニッポン放送「人生相談」は22年もやってるそうな!
なーんだ。安心した。
母は、仕事柄、ラジオをずーっと聞いてるもんなぁ。
なんか興味を持つきっかけがあったのかもね。
posted by ひとみ at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2008年10月13日

海街diary(2)

久々に工作員としてのお仕事です。

20081012ay.jpg 海街diary(2)
吉田 秋生

出版社:小学館(フラワーコミックス)
価 格 :530円(税込)


吉田秋生さんの作品は哲学入ってて大人向けな印象。
もう雑誌はほとんど追っかけてないのですが、未だに別コミに連載とかしてるのかな?
今の別コミって「砂時計」とかスイーツ向けの作品がメイン掲載だよね・・・イメージあわないんですけどw

・・・あ、価格がちょっと高めだし別コミ連載のマンガではなさそうww
posted by ひとみ at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2008年10月12日

卒業前小景

マリみての発行ペースの速さについていけてません・・・(@_@)

お釈迦様もみてる―紅か白か」もまだ買えてないのに・・・
もう新刊が出てるとか・・・(苦笑)

20081012maria.jpg マリア様がみてる 卒業前小景
今野緒雪

イラスト:ひびき玲音
出版社:集英社(コバルト文庫)
価 格 :460円(税込)


祥子様たちの卒業式の前日の物語みたいですね。
まだ卒業してなかった&しないのかっ!!
先代の薔薇さま'sは、もったいないくらいあっさりと卒業されてしまったのになぁ・・・はぁ。

相変わらず、こんな些細なネタで1巻分の文章になるのはすごいなぁ…と思います^^;
posted by ひとみ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2008年08月30日

リンクの更新

西川風花ちゃんのブログがお引っ越ししたみたいです。→コチラ

長谷部優ちゃんがdream(今はDAM)を脱退してソロ活動をはじめたみたいです。
でもってブログもはじめたっぽい。→コチラ


ということで、公式関係のリンクを更新しました。

しかし、最近、芸能人のブログはAmebaばっかりですね。
(リンクには入れてませんが、辻ちゃんの旦那さんの太陽くんもAmebaブログだもんな・・・)
個人的には、Amebaは1記事ずつしか表示しなくて見難くくてイヤだったりします。
posted by ひとみ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2008年05月01日

世界最低の国、日本

聖火リレー、TVで報道されただけでもどこが平和の祭典だ!?と思ったけど、現実はもっとヒデェ。
以下は、mixiの「転載おk」という日記をまるまる転載しています。

(以下、転載)

[mixi] アリ@freetibetさん | 世界最低の国、日本
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=787996903&owner_id=2071143

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「……ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。

街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。

追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

(以上、転載)
※動画は転載元で見れます。


イマサラ中国にこびるメリットってなにかわからないですが・・・。
ま、どんな報道されようが、中国旅行なって行かないし、オリンピックも見ないですよ。
マスコミさんは頑張って身体壊しに中国に行ってくださいって感じ。

でも、さすがにこの日記の警察の態度だけは許せん。
警察員は公務員試験受けてその職についてるんだからアホではないはず・・・。
人として、自分でやって良い事・悪い事の判断も付けられないのかと。
仏教のバチが当たれ!
posted by ひとみ at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類

2008年02月06日

ペンギン革命(7)

いつも知らないうちに出ている本のナンバー1はコレです。

20080205pengin.jpg ペンギン革命(7)

出版社:白泉社
価 格 :410円(税込)


いつの間にかもう7巻目!?
うーん・・・6巻を読んだかどうか・・・ワカラナイ・・・w
posted by ひとみ at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2008年01月08日

キラキラまわる

ここんとこいつものことだと思うのだが…コミケ寸前に必ず新刊を出すマリみてはすごいと思います。
ねぇ…夏コミ寸前も新刊出てたよね?

20080109maria.jpg マリア様がみてる キラキラまわる
今野緒雪

イラスト:ひびき玲音
出版社:集英社(コバルト文庫)
価 格 :460円(税込)


イラストレーターさんの同人活動に支障が出ないのが、今世紀最大の「謎」だと思うですよ。
posted by ひとみ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2007年11月27日

絶対可憐チルドレン(11)

久々に工作員としてのお仕事でし。
絶対可憐チルドレンも、もう11巻か〜。
・・・って、あれ?あれ?10巻のリンクが貼ってない・・・サボってたのか・・・(ーー;)

20071127zkc11.jpg 絶対可憐チルドレン(11)
椎名 高志

出版社:小学館
価 格 :410円(税込)


実は、毎回、表紙の色が楽しみだったり・・・するらしぃ。
posted by ひとみ at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
(´・ω・`) 島根県の竹島英語サイトが出て来るようにするキャンペーン
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。